初めての一人暮らしをするのなら、充実した生活を送りたいですね。一人暮らしのイメージってどうですか?誰にも気遣いをしなくてよいから余裕たっぷりな朝なんてなるでしょうか?なかなか一人暮らしは、そうはイメージどおりにはいかないですね。

一人暮らしといえば、多くは6畳のワンルームが多いのではないでしょうか。そうでなくても、部屋が狭い、家が小さいといえます。その一人暮らし部屋の間取りが6畳だとレイアウトや模様替えに苦心しますね。ワンルームで風水を考えた間取りを欲しいと思うのは、欲張りでしょうか?キッチンが室内にあるか別かでずいぶん違いますね。それでも「狭い部屋でも、こんな風に工夫すれば住みやすい」となることがあります。

次に一人暮らしというと、両親と暮らしていたのと違ってお小遣いだけでなくて光熱費とか食費とかを自分でお金を持っていなければなりません。全部を自分で稼ぐ人は少ないでしょうが、親から援助をされてもお金の管理は自分でします。だから食費がいくらとか金銭感覚が身につきますね。

それと最近はマンション・アパートでは表札を出さないのが当たり前になったみたいですが、宛名に部屋番号が記載されていれば表札がなくてもしっかり届きます。しかしセキュリティもわかりますが、 節約には「表札は送料・消費税こみで1500円から」という会社もありますから、つけた方がいいのでは。

やがて結婚して独立とすると考えると、一人暮らしをするのはその準備としてもメリットがありますが、反面いくつかデメリットもあります。掃除や洗濯は面倒でも自分でするとか、意外とお金が貯まらないとか、遠距離の場合は本当に一人だ、孤独だと感じると精神的にも心配かもしれません。それら一人暮らしの長短所も含めて紹介をしたいと思います。これのサイトが、あなたの一人暮らしを充実させるのに一助になれば幸いです。


カテゴリー

一人暮らしについて
一人暮らしというのは、親元での暮らしとは大きく違って、自分ですべてを決めて、行うわけですから、自由を満喫できますが、反面責任もありたいへんな面もあります。
家具・インテリア
一人暮らしを住む家、部屋は狭いと思います。そこにベッドも机も衣装箪笥と入れたら住む空間がなくなってしまいます。どう狭い部屋を有効活用するかも考えましょう。
食べること
衣食住の中で、食べることは健康にも関連し、また生活が楽しくなるためにも大事なことです。